FC2ブログ
ダチョウブログ最終章その6
こんにちは!
今日も仙台は天気良く、
寒さは少し、緩んだようです。

この陽気のお陰で、
津波の泥が乾き、
砂煙がヒドクなって来ました。

まあ、致し方の無いことなのですが・・・

相変わらず、余震も続いており、
気の抜けない日々が続いておりますが、
グラッ、と来る度に、やはりまたかっ!
って、思ってしまうので、
心の休まる暇がありません・・・

メンタルを、保つのがキツクなって来ました(汗)




さて、本日のネタは昨日の話。

僕と一緒に、特派員をやっている友人は、
車屋さんを経営しております。
もちろん、今回の津波の被害を受けて、
敷地内にあった車は、すべて漂流・・・
20台近くあったモノがすべて!

震災から、3日目ぐらいから、
ずっとお手伝いをして来て、
今日で1週間ぐらいの時間を費やしておりました。
もちろん、休み休み・・・

んで、今日が最後の締めくくり。
一番漂流した車は、約1㎞ほど流されていたし、
回収するのに、ほんと一苦労も二苦労もしましたが、
本日、やっとメドが・・・
(ちなみに、車を1km流す津波のパワーも凄いですが、
 1kmも流れて行く車も凄いです。
 車種は、ボルボワゴン!)



畑の奥の方に留まっていた車、
今は懐かしい、セリカ!
解る方には、おおおおぉぉぉ~~~!
と言うような車種。
どうやって出しましょう???

コネにコネを使って、
タイヤローダーをタダでお借りして、
いざ、回収!
201103281313000.jpg
今回、大活躍だった、
タイヤローダー!


なんとか、パワーを使って畑から出したはいいが、
タイヤがロックされており、
どうにも、こうにも・・・

そこで、幹線道路清掃を委託されている業者の方に、
ちょいとお願いm(__)m

すみません、あの車、
あそこまで、ちょちょいのちょいで、
お願い出来ませんか???
そしたら、作業員のオジサンは、
あ~、間もなく昼休みだから、
ちょっと待ってて、
やってあげるから・・・
と、簡単にOK!
めっちゃ、ラッキー♪

こんな時だからこそ、
助け合いの気持ちは、
ありがたいです。
感謝・・・

ほいで、ちょいちょいと・・・
やって頂きました。

201103281305000.jpg

「あとで、請求書回すからね♪」
なんて、冗談も言ってくれるオジサンに感謝でした。

帰りしなに、ビールを手渡し、
「ありがとう、ございましたm(__)m」
御礼を言って来たら、
「これじゃ、請求書回せねぇ~なぁ~♪」
なんて、洒落っ気のあるオジサンでした。

ホントに、ありがとうございましたm(__)m


作業終了後に、1枚!

201103281319000.jpg

毎日、毎日、なんやかんや、
やること作らないと、
ほんと暇で、ヤバいです。
なにせ、無職なんで・・・(笑)



今日の現場からは、以上です!

199082_1450986574625_1832098117_818333_7413362_n[1]




さてさて、今日も余談話を一つ。

題して、
「義援金について」

つい先日、☆ミーティングを軽く開いた。
なんのことはない、
これからどうする???
みたいな内容。

そん時、義援金の話に話題が・・・

全国の皆さんが間違い無く、
今回の東日本大震災に興味を持ち、
僕も、私も、義援金しなくては???
なんてお気持ちを持って頂いていると思います。
沢山の義援金が集まっている事を、
僕では、役不足でしょうが御礼を言わせて下さい。
「本当に、ご協力ありがとうございますm(__)m」

んで、こっからが本題!
僕も、阪神大震災やスマトラ地震の時に、
メディアに流され、指定された口座に、
振り込んだ覚えがある。
それで、満足していた自分もいる・・・

でも、実際に自分が被災者になると、
それだけでは、ダメなんじゃ???
と、思い、感じている。



今、メディアでは東日本大震災義援金、
または、ド○○○ん募金やなんとか募金と、
チャンネルごとに、振込先が違う。
まあ、それはそれでいいのかも知れないが、
そこから先が問題なのでは???
行き着く先は、日本○○○協会???

そこを信用していない訳ではないが、
昨今、義援金詐欺が平気で起きているこの世の中、
増してや、お金が集まる所には利権が発生し、
現場にお金が来るまでに、いろんな所から窃取され、
いったい本当に現場には、いくらお金が配分されるか、
分かったものではない・・・

だったらば、僕らサーファーにできる事を考えてみた!
日本全国の、ショップ、組織、団体、メーカーの皆さんが、
各自、各様に、義援金を集めて頂いている事は、
ネットを見ているので、良く存じております。
これには、被災者として感謝していますm(__)m


そのお金を、なんちゃら協会や団体に寄付して、
ハイ、これでお役御免・・・
僕やりましたけど・・・
みたいな感じではなく、
だったら、東日本には沢山のサーフポイントがあります。
自分が好きなポイントや、
ゆかりのあるポイント、
早くあそこでサーフィンしたいな!
と言う、ポイントがあると思います、
そのポイントを管理している自治体に直接寄付した方が、
絶対に、その寄付金を有効に使ってくれるのでは・・・
別に、海だけに使ってくれと言う事ではなく、
その町が少しでも早く復興する為に・・・
と言う気持ちを込めて!

=その町が復興を早く遂げる事によって、
海への復興にも、いち早く取り組んで頂き、
サーフィン出来る環境が、整って来るのではないでしょうか???


まあ、こう言う寄付の仕方があっても良いのではないか???


と、こんな話を☆君としていた。


寄付と言うのは、人それぞれが、
思い・考え・願い、行う事なので、
僕らがこう考えたので・・・
こうして下さい!
と、言う意味ではありませんので・・・
御理解下さいm(__)m



それから、個人対個人に対する寄付金や、
その他の寄付金の在り方を、否定している訳ではないので、
お断り申しあげます・・・m(__)m





んで、この余談話を元に、
今度は、寄付をする側の意見を、
聞きたいと思い、ある方に相談してみたら、
このような返答を頂いた。


ぼくは義援金という名前がまず好きになれません。
仰々しいからです。
自分がやっていること、
これから集めるお金も、
できれば東北サーフィン復興にあててもらいたいと考えます。
海岸整備の際
クマデ買って貰ってもいい、
軍手でもいい、
とにかくその地のサーフィンに役立ててほしいです。
みんなを平等に支援したい気持ちは誰もあります。
でもなかなかそこまでできかねるし、支援のピントもぼける気がします。
サーフィン界も
できるなら
千葉県サーファーは宮城を支援しよう!
神奈川は福島を!
東京は岩手を!
もうちょい範囲を広げて
関東は・・・・・を!
中部は・・・・・を!
関西は・・・・・を!
そんな感じでもいいかもしれないですね。
うまくいくかどうかは解らないですけど、
支援する側と相手が明確になることで集中した支援が出来るんじゃないかと思います。
こういうときに業界全体が総力を挙げて
知恵を出し合って
身になる支援、
ためになる支援を考えたほうが絶対いいと思います。
被災地の方々も
遠慮しないで
サーフィング宮城の支援金はここへ!
サーフィング福島の支援金はここ!
各エリアがそこを明言してくれるともっとやりやすいと思います。
いろいろ大きなコンテストでお世話にもなった場所ですし
各アソシエーションがしっかりした方向性を
なるべく早く打ち出していくべきじゃないかと思います。
サッカー選手も
プロ野球選手もやってるじゃないですか?
サーファーもこういうときこそ俊敏に立ち上がらなきゃ!
すばやくテイクオフしなきゃ!
モサモサしてたんじゃ格好がつかないです。
個人のできることは限りがあるし
みんなが力を合わせて有効な方法を考えれば
それが一番じゃないかと思います。




と言う、素晴らしいお答を頂いた。


さあ、これを読んで、
皆さんは、どう感じ・どう考えますか???


みんなで力を合わせて、頑張っていきましょう!

FIGHT.jpg


長々となってしまいましたが、
本日はこの辺で・・・

明日からは、また特派員として、
頑張ります(笑)



でも、そろそろネタも無くなって来たので、
最終章も・・・
終わりかな???
【2011/03/29 12:20 】 | サーフィン | コメント(3) | トラックバック(0) |
| ホーム |