FC2ブログ
ff
愛が、すべてさぁ~♪
今こそ、誓うよ♪
愛の限り、強く!強く♪

この曲は、ff(フォルテシモ)
ハウンドドッグの名曲。
仙台出身の、大友康平さんが歌っている。


違う!違う!

今日紹介したいのは、今年の僕の新兵器!
ff(ファイバーフレックス)
fiberflex-logo-angle[1]

ここからちょっと、営業ネタ

ついに完成!!! うわさの「ファイバーフレックス×ジャスティスサーフボード」!!!
シェイパーは、オーストラリアの「レックス マーシャル」、
そして、世界で2つ目のファイバーフレックス指定ファクトリーを営む「大海英一」。
この2名にてシェイプしていきます。

ffretrob[1]

シェイパー「大海英一」は、
シェイパー「田嶋三男」のファクトリーで長年ラミネーターを勤め、現在は「オーシャンワークス」というファクトリーを立ち上げております。
千葉東支部長でもあり、多くのトッププシェイパーとも交流を深めています。
ジャスティスサーフボードでは、現在「Carroll EPS JAPAN」のラミネート~仕上げと、「exceptional edition」をシェイプ~全工程を手掛けています。

また、ファイバーフレックスは限られたファクトリーでしか生産が出来ないシステムになっており、
日本で唯一、ファイバーフレックスのラミネート作業を行うのが、「オーシャンワークス」。(千葉)
ジャスティスとしては、ココの工場にて、大海シェイプ~ffラミネート~サンディング・仕上げまで、
一括で生産出来るということで、品質管理上とても自信を持っております。

エポキシ樹脂によるラミネートのため、手間も時間もかかります。
そして何よりも重要となってくるのが、この黒いカーボンレール。
従来のストリンガーと異なり、サーフボードのアウトラインをすべてこのカーボンで覆うのです。
そのため、周りは硬く・中はフレックスを持ち、独特のフレックス性を持つサーフボードへと変身するのです。

09daikaist01[1]


*ご使用にあたりご注意として・・・

「ファイバーフレックスサーフボード」とは、
高密度EPSフォームと、パラボリックカーボンレールにより構成された、100%カスタムオーダー可能なサーフボードです。すべて日本のファクトリーにて丁寧に仕上げていきます。
重量は通常のサーフボードとほぼ同じです。
オーダーの際は、通常のサーフボードとサイズを変える必要はありません。
強度面ですが、割れ・折れに強く、UVカットのエポキシ樹脂を使用しているため、耐久性があります。
しかし、決して硬くは無いのでヘコミます。
また、エポキシ樹脂は熱などに敏感に反応するため、車内への放置などは避け、涼しい場所での保管が望ましいです。
キバミの原因になりますので注意して下さい。


とのこと。
これはジャスティスのHPのコピー!


さてさて、いったいどんな感じのサーフボードか???
今から、チョ~楽しみです。

ちなみに、これが僕のボード。
重さは2.1キロ。
軽いですよ・・・

275.jpg


興味がある方は、ご相談ください。
【2009/03/02 12:23 】 | サーフィン | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<また雪か? | ホーム | 筋肉痛ですが・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ostsurf.blog17.fc2.com/tb.php/270-cdcd2ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |