FC2ブログ
ドピーカン!
仙台は今日も天気が良いです。
ドッピーカンの夏模様。
風も弱く最高です。

波の方は、なんとか少しばかり、
残ってくれた。
腰~腹たまの胸。
メンツルなんだが、
今日も今一。
ちから無く、ダボついている。
なんだかなぁ~・・・

366.jpg

367.jpg

波が今一なので、写真も今一。
腕の問題か???




とまあ、いつもならここでオシマイ。
今日はも一つネタを。

これは、とあるブログから拝借。
今流行りの新型インフルエンザについて。
皆さん、参考にして下さい。
それでは、どうぞ!




東北大学病院内で、テレビに良く出て、
解説している押谷先生に新型インフルエンザの講演をしてもらいました。

以下、驚きの内容です。抜粋します。

東北大学医学系研究科 微生物学分野 教授
押谷仁

日本では、弱毒性ということで、勘違いしていることが多い。
確かに、弱毒ではあるが、以前のインフルエンザと違う特徴があるから、
要注意である。

そして、必ずと言って、爆発感染が近いうちに来る。
小規模で数百万人、大規模で3000万人。
40%程度は全く症状がない、不顕性感染であり、
これが、感染を拡大させている要因である。
重症化して死亡するのは0.1~0.4%である。
今までのインフルエンザと違い、高齢者は掛かりにくく、
死亡のほとんどが、20-40代である。
妊娠後期の女性も危険性が強い。
5歳以下も可能性があり、特に基礎疾患を持つ患児は要注意である。
これからすると、大規模の場合、12万人もの人が死ぬことになる。
この年代でこれだけの死亡者数は、社会的に大きなインパクトを与えることになる。
現時点(18日19時)で恐らく、日本国内では、既に1000人規模で感染者がでている。
現時点では、海外に行くことと、大阪に行くことでは、
危険性に関してはさほど変わらなくなってしまっている。
数日後には、どこでも同じようなことが起こるであろう。(どこに行っても感染する確立は同じ)
症状は、何もない不顕性感染の人も、軽度な発熱の人もいる。
一般的に、高熱と上気道感染(39度程度の高熱と咳や鼻水)である。
軽症であっても、病院には行かないで、保健所に連絡。
重症化は、今までのインフルエンザとは違い、ウイルス性肺炎から、ARDSに至ることで、死亡する。
予防方法は、マスクと手洗い。
高熱が出たら、重症化する前にタミフルは効果がある。
(毎朝、熱を測るのは重要です!)

皆さん!本当に要注意です!



という内容です。
困った病気ですね・・・・
鳥の次は牛で、豚で、次は何?
地球はおかしくなっていますね。
地球の浄化作用なのでしょうか?
うがい、手洗い、予防マスク・・・・
やべぇ、
苦手なものばかり・・・・



と、いうことでした。
勉強になりましたね。
病気についても、
話のオチについても・・・



PS:師匠へ
お元気ですか?
仙台繋がりということで、
拝借させて頂きました。
それもオチまで・・・
感謝・感謝です。





【2009/05/20 12:03 】 | サーフィン | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ファンウェーブ | ホーム | 10日ぶり・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ostsurf.blog17.fc2.com/tb.php/312-5bfbba3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |