ダチョウブログ最終章 第2部 その1
こんにちは!
ご無沙汰しておりましたm(__)m

第1部完から、早くも12日がたっています。
皆さんお元気でしたか???

震度6強の余震もあったり、
なかなか落ち着かない日々が続いていて、
精神的にもキツイですけど、
頑張っていきましょうネ♪




さてさて、本日より第2部をスタートさせて頂きます。


あの日から、僕は多くの先輩・友人・後輩達から、
たくさんの支援をして頂き、凄く助かりました。
お陰様で、なに不自由なく今日まで過ごせて来れた事を、
感謝しております。m(__)m

最近では、この辺もだんだん落ち着きを取り戻し、
物資も充実してきたので、
今度は、僕らがやる番でしょ!
と思い、
この12日間、まだまだ支援が行き届いていない、
被災地へ足を運び、
支援物資を持ち込み、
たくさんの方々と、再会して来ました。

北は、気仙沼・本吉・石巻・女川~、
南は、亘理・山元と、
☆君と一緒だったり、
違う友人達と行ったりと、
貴重な時間を過ごして来ました。

一応、宮城県は制覇したかな???(笑)


それを、この第2部でご紹介していきたいと思います。


その1は、
皆さんにあまり報道されていない、
女川町の現状を・・・


女川町には、18日の月曜日に行って来ました。
本当は、第2部の最終話にもってくる予定だったのですが、
あまりの凄さに、
これをまずご紹介しなければと思い、その1へと変更しました。
ハンパじゃないです・・・




さてさて、天気の良い月曜日のこと、
☆君と、女川町在住の先輩に逢いに・・・

前もって連絡を取り合い、
必要なモノはなんですか???
リサーチして、物資を調達!
一路、女川町へ向かった。


途中、松島を通って、
CIMG7402.jpg

松島には初めて来ました。
松島も被害はあったものの、
大打撃は喰らっておらず、
町民の方々が力を合わせ、
復旧に向かって頑張っていました。

CIMG7404.jpg


その後、石巻を通過、
石巻もハンパ無く被害を受けていましたが、
石巻のお話は、また後日にでも・・・





そして、さらに北上し、
女川町に入った瞬間、
目を疑いました。
CIMG7429.jpg

☆君と二人で、「なにこれ!」
「どこまで津波来たの???」
「高さ、どんくらいあったの・・・」

CIMG7433.jpg

ビルが全部・・・

CIMG7434.jpg

信じられませんでした。



先輩が避難している場所は、女川町立病院。
地上から20m以上の高台にある所。
CIMG7467.jpg

CIMG7476.jpg


そこへ登って、
辺り一面を観てみると・・・

言葉が出ません。
涙しか・・・

CIMG7436.jpg



正面の茶色いビルが、
女川町のシンボル、マリンパル女川!
屋上の、逆三角錐(すい)になっている所に捕まって、
やっと助かった方がいたそうです。

CIMG7444.jpg



ビルが基礎ごと横転

CIMG7438.jpg

CIMG7440.jpg


車がここに・・・

CIMG7435.jpg

聞くところによると、
この高台にある病院の1Fまで、
津波が押し寄せて来たようで、
みんな2Fに避難し、
ようやく助かった!
とのこと・・・


30m以上の津波が、
ここ女川町を一瞬にして、
呑み込んでしまった。

凄まじい惨劇だったそうです。


それから先輩に案内され、
町内の裏手の方に行ってみると、
こちらもハンパ無いです。


山を駆け上って行った津波の跡。

CIMG7452.jpg


電車が2両、グシャグシャ・・・

CIMG7453.jpg



1両は墓地へ・・・

CIMG7456.jpg
ちなみに、駅からここまで1㎞弱はありました。



町の奥の奥まで・・・

CIMG7457.jpg


この川を上って行ったようだ・・・

CIMG7463.jpg



町の9割が被害を受けた女川町!
これからどうなるのか検討も付かないが、
これを見た時、

CIMG7475.jpg

CIMG7473.jpg

大丈夫!
必ず女川は再生すると、
信じることが出来た!

頑張れ女川!

20110321141543457[1]



今回逢いに行った岡ニイ先輩。
CIMG7442.jpg

元気そうで何より!
でもホント、助かって良かったです(笑)

doit!!1.jpg


【2011/04/20 09:16 】 | サーフィン | コメント(1) | トラックバック(0) |
<<第2部 その2 | ホーム | ダチョウブログ最終章 第1部完>>
コメント

目に見えることは人間の力で改善できるが、目に見えないことを解決しなければ、それ以上の惨劇を繰返さなければならなくなる。
心は、人間の努力だけでは改善できない。
私たちが、今、しなければいけないことは『救世主スバル元首様』に、救いを求めることだ。
  もう、時間がない!!
http://www.kyuseishu.com/tanuma-tu-koku.html
http://miracle1.iza.ne.jp/blog/entry/2237566/
【2011/04/20 16:31】| URL | hikaru #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://ostsurf.blog17.fc2.com/tb.php/697-faae9155
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |